バランスが良いビルダー

ハウスメーカーよりも注文住宅の自由度が高く手厚い対応ができる

ハウスメーカーに注文住宅を頼むと、独自の商品から選ぶことになりますから、本当に建てたい家を建てにくいというデメリットがあります。その点、ビルダーの場合には施主の要望を取り入れた上で家を建てていくフルオーダー形式で家を建てる事が多いです。施工セリアがハウスメーカーよりも狭い分だけ広告宣伝費などのコストを削減できて価格が安くなるし、サポートも充実していますから入居後も安心という点も魅力です。しかしながら、ビルダーの中にもハウスメーカーと同じく独自の商品から選ぶセミオーダー形式の家造りをしているところもあります。そうなると、自由度がなくなりますから、ビルダーへの依頼が一概に良いとは言えなくなります。依頼をする前にビルダーと話すときには、どこまで施主の意見を反映してくれるのかを確認しましょう。

一定のクオリティと安定した経営基盤が魅力

工務店は、地域に根ざした大工・職人の集まりで、優れた工務店に頼むことは良い品質の家を建てられる方法のひとつです。しかし、工務店もピンからキリまであります。大した技術を持たない工務店に頼めば手抜き住宅が出来上がるでしょう。ビルダーはどうかと言うと、ハウスメーカーほどの規模ではないにしても、工務店よりも規模は大きく多くの仕事を手掛けています。多くの設計士・大工・職人が働いており、経験を積む機会も多いので、設計と建築技術については一定のクオリティが期待できます。 別の視点からも工務店よりビルダーを選ぶ理由があります。それは資金面のことです。規模の小さい工務店は、資金力に乏しく建設途中で倒産してもおかしくないところがあります。それに対してビルダーは、ハウスメーカーよりも小さいですが安定した経営基盤を持っています。資金力のあるビルダーに依頼すれば、倒産する恐れが少なくなるので、安心して依頼ができます。