居住性を左右する間取りや設備を決めよう

住み心地が良い間取りを考える

居住性に関わってくる重要な要素の一つが、間取りです。注文住宅を建てる場合は、動線を意識することが大切です。生活動線は、自分や家族がどの時間にどのように動くかをイメージして決定すると失敗が少なくなります。生活動線とともに、遮音や防音についても考慮しましょう。とは言っても、新しく建てる家の生活動線を把握するのは難しいことです。モデルルームを見学したり、施工担当者にヒアリングするとよいでしょう。

さらに、収納スペースの確保も大事になります。居住スペースを広くとるあまり、収納をおろそかにすると、部屋の中が散らかりやすくなり、居住性が悪化してしまいます。所有している物の量に見合った収納、これからの生活スタイルを鑑みた収納スペースの確保が大切です。

自分に合った設備を吟味する

注文住宅を建てる場合は、備え付ける設備も重視したい要素です。例えば、玄関にあると居住性がアップする設備としては、土間収納が挙げられます。家の出入り口となる玄関には収納力が必要ですが、来客が持つイメージも大切にしたいものです。靴や傘といった小物に加え、自転車やベビーカー等大きなものを隠せる土間収納は、セキュリティ面でも有効です。

キッチンでは、収納とともに使いやすい高さの作業台の確保が大切になるでしょう。IHなどの設備も、掃除がしやすく、子供から高齢者まで安心して使えることで、居住性が上がります。浴室には、エアコンや乾燥機があるとヒートショックや湿気を防ぎ、天気の悪い日に洗濯物を干すことが可能になります。洗面台周辺にはコンセントを多く配置すると、ストレスなく使うことができます。

一戸建てを購入する事でのメリットは多数ありますが、その中でも資産価値が土地を含めて残るため将来を見据えて選ぶケースが多いです。